借入

MENU

お金が必要なとき。。

初めまして。。。僕は32歳の男性でヒロキといいます。めでたく昨年結婚させていただきました。。

お金に困る

 

結婚生活は楽しいのですが、一番の不満はお金が自由にならないということですね。お小遣い3万円です・・・。

 

独身時代、自由に使っていた分、このお小遣い制度というのは慣れないですね・・・。ほとんど飲み代に消えていくだけで、好きなものとか買ったりできません。

 

で、どうしてもお金が足りなくて必要なときは、「借入」を利用させていただいています。。困ったときに何度も助けてもらっています。。

 

返済の当てもなく借入を利用するのはよくないですが、返済計画を立てたうえで利用するのならば問題ないですからね。。

 

そこで、当サイトではお勧めの借入先や、借入に関する豆知識を紹介していきたいと思います。借入を利用する際に参考にしていただければと思います。

 

要注目!

「審査がゆるい」「ブラックでもOK」「誰でもすぐに借りれる」などと言った借入業者を目にしますが、絶対にこのような金融機関からは借り入れしないようにしましょう。
お金に困っている時に、「審査がゆるい・誰でもすぐ」などといった言葉を聞くと、つい揺らいでしまうかもしれないですが、甘い言葉には絶対に裏があります。
高金利や取り立てが厳しいなど、違法な金融機関も多くあるので、後々困る事になります。なので、このような甘い言葉に騙されないようにしましょう。
大手のちゃんとした金融機関は、「審査がゆるい」「ブラックでもOK」「誰でもすぐに借りれる」といった事は絶対に言いません。審査もしっかりありますし、絶対に借りれるといった訳ではないです。
ただ、違法金利など請求される事は絶対にないので安心して借り入れする事が可能です。
お金の問題でトラブルになると、取り返しのつかない事になる場合もあるので、お金を借りる場合は大手の金融機関から借りるようにしましょう。

 

安心の借り入れ先

プロミス  簡単ネット申し込み!おすすめNo1!

プロミス
プロミスを初めて利用する方を対象として30日間利息ゼロで利用することができます。しかも、カードを契約した日から30日ではなく、初回の利用から30日間無利息なのです。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
とりあえずピンチの時の為にカードを作っておいて、数日後に利用することになったとすると、その利用することとなった日から30日なのです。ですので将来の時の為に事前に作っておくのもありですね。今すぐに使わなくても全然大丈夫です( ̄▽ ̄)
ちなみに、即日融資も可能ですので急ぎでお金を借りたい方もプロミスに申込するといいですよ。
≫プロミスの申し込み(クリック)

 

女性の方は、対応スタッフがすべて女性で構成されているプロミスレディースキャッシングというのも用意されていますので、そちらを利用すれば安心していろいろ相談できたりしますのでいいかと思います。
≫プロミスレディースキャッシングの申し込み(クリック)

 

アコム  最短1時間で即日振込可能!

アコム
アコムは非常にスピーディーな対応をしてくれます。最短30分で審査は完了して、来店不要で即日振込も可能となっています。土曜日・日曜日・祝日でも無人契約機でカードを発行することが出来ます。
あと、キャッシングをする際に使うローンカードですが、アコムの場合クレジット機能の付いたアコムマスターカードを選択することもできるようになっています。ショッピングでも使うことができますし、海外に行った際に海外でキャッシングを利用することもできるのです。海外にあまりたくさんお金を持っていくのは怖いですからね。
≫アコムの申し込み(クリック)

 

みずほ銀行  圧倒的低金利設定!専業主婦も可能!

みずほ銀行
借入するならば知名度の高い銀行から借りるのがいいという方は、みずほ銀行がいいかと思います。みずほ銀行ならば知名度抜群で安心して借入することができますし、商品内容的にも文句のつけようがありません。
一般的に銀行カードローンというのは審査も遅いイメージがあるかもしれませんが、みずほ銀行は銀行にしては珍しくスピーディな対応をしてくれますよ。
銀行が貸し出す借り入れ制度ですので、総量規制対象外となり専業主婦の方も利用することができます。
≫みずほ銀行の申し込み(クリック)

 

※みずほ銀行カードローンは新しくエグゼクティブプランというのが作られました。詳しくは別ページで解説します。⇒詳しくは

 

三菱東京UFJ銀行  月々の返済が少額なので安心!


三菱東京UFJ銀行も大手銀行なので安心感ありますね。利用できるATMなども全国にたくさんありますので、地方に住んでいる方も利用しやすいですし、もちろん都心に住んでいる方も利用しやすいカードローンです。
インターネットで申込みしてからローンカードを三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口で受け取るようにしておけば、カードをその日のうちに手に入れることができて、そのカードを使ってすぐに借り入れすることができます。
あと、月々の返済額が少額に設定されているのも特徴で、例えば10万円借りた場合の返済は月々1,000円からとなっています。これならば無理なく返済していくことができますよね('◇')ゞ
≫三菱東京UFJ銀行の申し込み(クリック)

 

モビット  10秒で簡易審査結果表示!


モビットは三井住友銀行グループのキャッシングサービスです。
モビットは三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていて、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合健康保険証を持っている方に限り、WEB完結申込というのが利用できます。
WEB完結申込は、「電話連絡なし」「郵送物なし」で申し込みがインターネットで完結してしまうのです。
※審査の際に確認が必要な場合は電話することあり。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
≫モビットの申し込み(クリック)

 

ビジネクスト  自営業者・経営者の方はこちら!


ビジネクストは個人事業主や経営者の方専用の借り入れ制度です。個人事業主、経営者の方人気ですでに4万名以上の方が利用しているローンですからね。
会社をやっていると何かとお金のかかることが多いと思いますが、このビジネクストのカードを作っておけばもしもの時も安心です。最大で1,000万円もの資金を無担保・無保証で利用することができますからね。
≫ビジネクストの申し込み(クリック)

 

下記に該当する場合は…
専業主婦の方

専業主婦の方でも借り入れを利用したいという人は多くいます。主婦の方が家計を預かっているという方も多いでしょうから、その中からやりくりするのってかなり大変ですからね。

 

今は景気が良くなりつつあるとかって言われていますが、言っているだけで給料もほとんど上がっていないという家庭のほうが多いですから。しかも消費税まで上がってしまいましたもんね。

 

そんな専業主婦の方がお金を借りる場合は、銀行が発売しているカードローンを利用するといいです。消費者金融では専業主婦の方の場合借り入れできません・・・。

 

総量規制というのが導入されたことにより専業主婦の方が消費者金融からお金は借りれなくなったんですよね。でも、総量規制は銀行には適用されないから銀行カードローンなら専業主婦の方でも借りれるというわけです。

 

上記で紹介しているカードローンですと、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行が専業主婦の方でも借り入れできるようになっていますよ。※三菱東京UFJ銀行の主婦は利用限度額30万円以内

 

学生の方

学生の方でもカードローンでお金を借入する事は可能となっています。ただし、20歳以上でアルバイトなどで収入がある事が条件となっています。

 

収入は○○円以上ないとダメ、といった決まりはなく、少なくてもいいので収入がある事が大事となっています。居酒屋やコンビニのアルバイトなど、毎月収入があればOKです。

 

上記で紹介しているカードローンだと、「20歳以上で収入がある」といった条件を満たしていれば、すべてのカードローンに申込みする事が可能となっていますよ。

 

中でも学生に人気なのはプロミスみずほ銀行のカードローンがお勧めとなっていますよ。

 

月々の返済額をなるべく少なくしたい方

お金を借りる以上毎月返済していかなければいけませんので、月々の返済額というのも気になるかと思います。多いよりかはなるべく少ないほうが無理なく返済していくことができますからね。

 

この月々の返済額をなるべく少なくしたい場合にどこを利用すればいいのかについて、別ページで解説させてもらいますね。最短だと月々1,000円という返済額のローン会社もありますよ。
⇒月々の返済額をなるべく少なくする方法

 

売掛金のある事業者の方

事業者の方で売掛金が100万円以上あるという方は、ファクタリングという資金調達の方法もあります。ファクタリングについては別ページで詳しく解説させてもらいますね。
⇒ファクタリングでの資金調達について

 

過払い請求後・債務整理後の方

過払い請求や債務整理をしたという人も中に入るかと思います。こういう人はそもそも借り入れすることができるのでしょうか?詳しくは別ページで解説させてもらいます。
⇒過払い請求後・債務整理後の借り入れについて

 

 

Q&A
他社ですでに借り入れしている場合でも審査に通るのか?

他社ですでに借り入れしているからと言って審査に落ちるというわけではありません。ただ、あまり借り過ぎていると審査に落ちる可能性は高くなるでしょうね。

 

目安として総量規制で消費者金融からは年収額の3分の1までしか借り入れできないとなっていますので、その金額を目安とするといいでしょう。年収300万円なら100万円、年収600万円なら200万円という感じですね。

 

年収600万円の正社員の方が他社で150万円を借りている場合、今回申し込みするローン会社では審査にもよりますが50万円までなら借りられる可能性があるというわけです。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外と放っていますが、あくまで借り入れできる金額としてはこれくらいを見ておくといいでしょう。

 

審査基準は各ローン会社によって異なってきますので、年収の3分の1までの金額ならば他社で借り入れしていてもかならず大丈夫というわけではなく、あくまで目安ということになります。

 

カードローンの借り入れは住宅ローンの審査に影響するのか?

住宅購入資金が必要で住宅ローンを組む場合にカードローンの借り入れが審査に影響するのかということですが、基本的に月々遅延せずに返済していれば問題ありませ。

 

しかし、融資枠が大きいと影響する可能性もあります。

 

どういうことかというと、例えば昔にカードローンを利用していたことがあって、何枚か銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠があったとします。

 

そのカードローンは以前利用していただけですべて完済して、今は使ってなかったとしても、総合的な融資枠がどれくらいあるか?というのを住宅ローンの審査の際に見られます。

 

融資枠が総合で500万円だったとすると、ある意味500万円借金しているとして住宅ローンの審査をされてしまいます。

 

ですので、使っていないような余計なカードローンは解約しておくというのが大切です。クレジットカードもショッピングしか利用していないのならば、キャッシング枠はつけなくてもいいかとは思います。

 

自分がいくつローンカードの融資枠やクレジットカードのキャッシング枠があるのかというのを把握しておき、余計なものは解約しておくと心配ないかと思いますよ。

 

借入とは?

「借入」とは一言で言ったら「お金を借りる事」。

 

親や友人からお金を借りる事ももしかしたら借入というのかもしれませんが、一般的には、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる、つまり、融資を受ける事を「借入」と呼びます。

 

借入する男性

以前は「借金」などと呼ばれていて世間からブラックなイメージを強かった借入ですが、最近では消費者金融のイメージもグッと良くなりましたし、誰でも気軽に借りやすくなっているので、金融機関から融資を受ける事に対して抵抗を持つ人もそれほど多くはなくなってきたようですね。

 

借入にもいろいろな種類がありますが、個人が金融機関から融資を受ける場合には、大半が「小口融資」という少額の借入に分類されるものが多いようです。

 

たとえばクレジットカードやキャッシュカードのようなカードを使って必要な時にいつでも融資を受ける事が出来るカードローンなどは、借りやすくて返済もしやすいので若者にも人気があります。

 

提携している銀行や消費者金融のATMを使って現金を引き出せるだけでなく、コンビニに設置されているATMなども使えたりする場合も多いので、ますます利用しやすくなっているようですね。

 

借入にはいろいろな借り方があります。以前は窓口に足を運んで借りるという方法が一般的でしたが、最近ではネットで簡単に借りる事ができたりして、他人に知られたくない場合にも気軽に利用できるようになっているようです。

 

もちろん窓口でも借りる事は出来ますが、消費者金融の中にはスタッフも利用者も女性オンリーという店舗を構えたりして、「借入」に抵抗なく利用しやすい環境を作る工夫もしているようです。

 
【借り入れに関するニュース】

 

住信SBIネット銀行のカードローン取り扱い残高が1,000億円突破

住信SBIネット銀行のカードローンであるミスターカードローンの取り扱い残高が1,000億円を突破したようです。
>続きはこちら

 

西日本シティ銀行が最短30分で融資を受けられる新カードローン

西日本シティ銀行は申し込みしてから最短30分で融資を受けることができる新しいカードローンの取り扱いを10月21日から開始しました。
>続きはこちら

 

まちゃまちゃが過去の借金地獄を告白・過払い金請求

女性のお笑いタレントである「まちゃまちゃ」が10月26日放送のテレビ番組で、過去に総額325万円の借金地獄に陥っていたことを告白しました。
>続きはこちら